とんかつ茶づけ(すずや)

デートスタイル100
HOME > グルメレポート > とんかつ茶づけ(すずや)

  とんかつ茶づけ(すずや)

とんかつが主なメニューのすずや。店舗は関東地方と京都に設置されています。「とんかつ」と「お茶漬け」という新感覚はちょっと気になりませんか。
あまり興味がなくても、今後の話の種のために一度行ってみてもいいと思います。

グルメレポート 2008年1月25日(金)

東京新宿の西武新宿駅近く、靖国通り沿いに店を構えるとんかつ専門店すずや。以前から気になっていた「とんかつ茶づけ」なるものを一度食べてみようと、お店に入ってみることにしました。

2階へと上がるとレジがあり、従業員さんに席へ案内されました。禁煙席に腰を下ろすと、喫煙席とはデザインガラス1枚隔てられており、少し暗めの照明はちょっぴり高級感のある雰囲気を感じさせます。客層は新宿歌舞伎町だけに日本人だけでなく、中国人、韓国人、フィリピン人、マレーシア人など外国人の方もちらほら見受けられます。

メニューのメインは、「とん茶(とんかつ茶づけ)」、「とん茶どん」の2種類。値段はちょっと高めで、それぞれ1,500円。小さいサイズ、大きいサイズによって値段は多少上下します。他にもメニューはありましたが、やはりここはとんかつ茶漬けが食べられるこのメインメニューから選ぼうと、「とん茶(とんかつ茶づけ)」にしました。

店員さんによって運ばれてきた「とん茶(とんかつ茶づけ)」は、とんかつ、キャベツ、のりが盛られたあつあつの鉄板プレートと、ご飯、味噌汁がセットでした。はじめはお茶漬けにせず、そのままいただきます。少し塩辛く味付けされたとんかつをご飯と一緒に。ソースをかけなくても味が付いていて、塩トンカツといった味わいです。半分ほど食べたところで、いざお茶漬けに。

ご飯の上に、鉄板の上からとんかつとキャベツ、のりを乗せます。熱いお茶をかけて「とんかつ茶漬け」のできあがり。なぜとんかつをお茶漬けにするんだろう?なんて思っていましたが、意外とおいしいです。というのも、とんかつの塩辛い味付けはお茶漬けにぴったりだからです。こってりしたとんかつを、お茶漬けとしてさらっと食べることができました。

また、お茶漬け用のお茶に特徴があり、お茶が苦く渋いです。たくさんお茶をかけてお茶漬けを食べようとすると、苦味と渋味が強いため食べづらいかな、と思いました。店員さんに確認したのですが、お茶はわざと苦くしているとのこと。その方がとんかつ茶づけの味わいが引き立つそうです。しかし食べた感想としては、もうちょっと苦くなくてもよかったのかな、という思いです。たっぷりお茶をかけたので、苦くてなかなか食べられませんでした。

とはいえ、(お茶をかけすぎなければ)おいしい食べ物です。とんかつ茶漬けという新しい食べ物を機会があれば食べてみるのもおもしろいです。

アクセス

■すずやの公式ホームページ
http://www.toncya-suzuya.co.jp/

■すずやへのアクセス(※ 2012年6月11日時点)
新宿本店・・・各新宿駅徒歩5分、西武新宿駅徒歩1分
歌舞伎町一番街入り口
用賀店・・・東急田園都市線「用賀駅」徒歩0分
改札を出て右にSBSビル入口、テラス1F
南大沢店・・・京王相模原線「南大沢駅」より徒歩1分
改札を出て右へ、橋を渡った右手
青葉台店・・・東急田園都市線「青葉台駅」徒歩0分
駅南側のSouth-2 5F
亀有店・・・JR常磐線「亀有駅」南口徒歩5分
南口「マクドナルド」左手直進
秋葉原店・・・各線「秋葉原駅」電気街口徒歩2分
電気街口よりデッキが接続しています
イオンレイクタウン店・・・埼玉県越谷市東町2-8 イオンレイクタウン mori 1F
民芸茶房 レストランすずや 北新宿店・・・東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー 2F

デートに行こう
デートスタイル-初級編
デートスタイル-中級編
デートしたい!
次はどんなデート?
 ■テーマ  ■スポット  ■レジャー  ■イベント・テーマパーク
恋愛の参考に
HOME > グルメレポート > とんかつ茶づけ(すずや)
無断転載・転用禁止
Copyright © 2006-2013 デートスタイル100 All Rights Reserved.