光麺

デートスタイル100
HOME > グルメレポート > 光麺

  光麺

光麺と言えば、都内で人気を誇るラーメン店の一つ。そのうまさのため、続々と店舗数を増やし、ネット通販まで手掛けています。男性のみでなく、女性までも行列に並んでしまうほど、女性でも入りやすいキレイな内装も魅力の一つといえます。

グルメレポート 2008年11月3日(月)

入ったのは池袋の店舗。夜8時という時間でもあって、2階まである店舗にもかかわらず、空席がほとんどない状況。1階は一人で来た人中心のカウンター席。2階はカウンター席とテーブル席が用意されています。

スタッフに案内され、2階のテーブル席へ着席。照明は白熱灯を利用した明るすぎない落ち着いた雰囲気。テーブル席には液晶がついていて、光麺のPRがえんえんと流れています。今度どこどこに新店舗をオープンするとか。新商品がどうとか。こんなPRムービーを作るなんてお金かかってますねー。かなり売り上げがイイんでしょう。

頼んでおいた「熟成光麺(じゅくせいこうめん)」がテーブルに届きます。スープはこってりしすぎず、旨みのしっかりある豚骨醤油系スープ。これは万人受けする味だと思います。なかなかハズレにはならないのでは。

麺はそれほど太くなく、女性でも食べやすいと思われるちょうど良い太さの縮れ麺。スープにしっかり絡み、とてもおいしいです。


「熟成光麺」以外にももう一品「炙り豚トロ丼(あぶりとんとろどん)・梅風味」をオーダー。火にあぶられたチャーシューが3枚乗った豚トロごはん。とろりと口の中で溶けるチャーシューに酸味のきいた梅のアクセントがたまりません。
ラーメンだけじゃ物足りない方にもおいしい逸品です。


別の機会に何度か光麺に行っていますが、熟成光麺が一番おいしいです。次にハマっているのが「坦々麺(たんたんめん)」。初めて食べたときは衝撃でした。

もうすごい「ゴマ」です。すごいゴマの味がするスープなんです。ゴマラーメン?みたいなくらい。でも2回目に食べて完全にハマリました。クセがある食べ物って抵抗があるけどハマリやすいのかもしれません。

醤油ベースのスープの「元祖光麺」も食べたんですが、シンプルな味なのでそれほどおいしいとは思いませんでした。あっさりしていて物足りない感じがします。でも女性には人気なのかもしれません。


あとは魔法のプリンがおすすめ。生クリームとバニラビーンズをたっぷり使ったぷるぷるっとしたスイーツ。卵は卵黄のみを使用し、ぐっとコクを引き出しています。カラメルソースの苦味がベストマッチ。


アクセス

■光麺(こうめん)へのアクセス<すべて東京都内>(※ 2012年6月11日時点)
池袋本店・・・東京都豊島区南池袋1-18-22
原宿店・・・東京都渋谷区神宮前6-2-8
池袋西口店・・・東京都豊島区西池袋1-22-6
恵比寿店・・・東京都渋谷区恵比寿1-9-5
上野店・・・東京都台東区上野4-8-8
秋葉原店・・・東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAKIBA8F
六本木店・・・東京都港区六本木7-14-3
新宿南口店・・・東京都新宿区新宿3-32-2
高田馬場店・・・東京都新宿区高田馬場4-9-14

■営業時間
11時~店舗による。
※ 午前0時までだったり、翌朝6時までだったりします。
※ 詳細は公式ホームページにてご確認ください。

デートに行こう
デートスタイル-初級編
デートスタイル-中級編
デートしたい!
次はどんなデート?
 ■テーマ  ■スポット  ■レジャー  ■イベント・テーマパーク
恋愛の参考に
HOME > グルメレポート > 光麺
無断転載・転用禁止
Copyright © 2006-2013 デートスタイル100 All Rights Reserved.