ほめ上手になろう

デートスタイル100
HOME > デートのコツ > ほめ上手になろう

  ほめ上手になろう

デート中は、さりげなく相手のことをほめましょう。ほめられて照れてしまうことはあっても、悪い気がする人はいません。ちょっとしたところに気づいてあげるとポイントアップになります。

◆ほめる例◆
● その髪型似合うね
● その服かわいいじゃん
● かわいいピアスしてるね
◆ストレートにいうのもアリ◆
● かっこいいね(かわいいね)
● やさしいね


相手もほめられて気分がノッてきます。上機嫌になり、気分がうきうき楽しくなってくる人もいるでしょう。その「楽しい」という気分にさせることで、「この人といると楽しいな」と思わせることができるのです。

また、ほめるということで相手のことを認めるということにもなります。ふだんからあまり自分に自信をもっていない相手であれば、ほめられることで自分を認めてくれていると感じることができます。それは信頼につながります。


このように、ほめるということは相手の気分を楽しくさせます。それは自分のイメージと直結し、ほめるだけで自分のイメージアップに大きく貢献するのです。


さらに――相手が楽しそうにしていたら、自分もますます楽しくなります。ハッピーの相乗効果によってデートはますます盛り上がっていくことになります。

ほめすぎはNG

ほめられても悪い気はしませんが、的外れなほめ方をしたり、ほめすぎても効果がうすれてしまいます。おおげさにほめず、適度にほめる――これがほめるコツです。


◆ほめるタイミング例◆
● 会ってすぐ
● 会話がとまったとき
● 相手の話・行動に感心したとき
● 相手をからかったり、
 ふざけてけなしたりした後


ほめるタイミングは、はっきりいえばいつでもいいのです。流れ的におかしくなければ、さらっとほめてあげましょう。
ふざけてからかったりした後にほめるときは、ちょっと真剣な表情でほめてみると、ドラマのワンシーンのように、相手がキュンとなるかもしれません!

いやいや、やっぱり、恥ずかしくてほめ言葉なんてムリ!!という人は、
「今日はいつもと違うね」の一言でもいいのです。
相手が自分に関心を持ってくれてると思うと、それだけでもうれしいですよね。

(記事公開 : 2012年6月9日)
(最終更新 : 2012年7月2日)
デートに行こう
デートスタイル-初級編
デートスタイル-中級編
デートしたい!
次はどんなデート?
 ■テーマ  ■スポット  ■レジャー  ■イベント・テーマパーク
恋愛の参考に
HOME > デートのコツ > ほめ上手になろう
無断転載・転用禁止
Copyright © 2006-2013 デートスタイル100 All Rights Reserved.